学会概要
会則
入会のご案内
変更手続き
学会誌
環境プランナー概要
諸規定
評価登録申請案内
変更手続き
基礎コース
専門コース
環境マスター
その他
ガイドライン
報告書紹介
開催予定セミナー  
総会・研究会
分科会
環境プランナー倶楽部
その他
 
出版物案内
論文集案内(CD)
テキスト販売
 
 

環境プランニング学会 春季学術講演会

2010年4月18日(日) 「環境プランニング学会・春季学術講演会」を開催いたします。

温室効果ガスの排出を削減する地球温暖化対策を実効あるものとして実施することは、人類の急務であり、もはや猶予のない状況となっている。今こそ、低炭素社会の実現に向けて、社会・経済構造の変革が強く望まれている。このような状況を踏まえて、昨年12月には、気候変動枠組条約第15回締約国会議(COP15) がコペンハーゲンで開催され、合意形成に向けてぎりぎりの調整が行われたのは周知のとおりであるが、その成果については、議論のあるところであろう。
環境プランニング学会は、2002年の設立以来、「21世紀に生きる私たちは、持続的発展と循環型社会を合言葉に、ビジネスと環境の調和を図っていかなければならない」との視点のもとに活動してきた。今回の学術講演会では、COP15を振り返るとともに、エネルギーネットワークとCO2排出権取引をテーマとしてとりあげ、低炭素社会の実現に向けた取り組みと今後の課題について検証する。

   
■開催日時  2010年4月18日(日) 10:00 〜 17:00 終了
■場所 東京大学 工学部2号館 213講義室(東京大学本郷キャンパス) 地図
■テーマ 低炭素社会の実現に向けて 〜 CO2 25% 削減への道 〜
■後援 東京商工会議所、日本経済新聞社、環境新聞社
■参加費

会員 \3,000、準会員 \5,000、一般 \6,000、学生 \1,000

■プログラム 10:00
開会挨拶
 春季学術講演会 実行委員長
 山田一郎(東京大学副学長)
  10:05
来賓挨拶
 環境大臣 小沢鋭仁
  【基調講演・特別講演】座長:石原直(東京大学教授)
  10:15 - 10:55
基調講演 「残された時間はあと20年」
 環境プランニング学会
 会長  山本良一
 東京大学生産技術研究所 教授
  10:55 - 11:35
特別講演 「COP15の苦悩を次なる飛躍の出発点にするために」
 上智大学大学院 地球環境学研究科
 教授  柳下正治
  11:35
休憩
  【エネルギーネットワーク】座長:佐々木健(東京大学教授)
  13:00 - 13:30
キーノート「スマートグリッドの最新動向と開発課題」
 (財)電力中央研究所
 上席研究員  浅野浩志
  13:30 - 14:00
「エネルギーネットワークの電子化方式」
 日本アイ・ビー・エム梶@東京基礎研究所
 部長  板倉真由美
  14:00 - 14:30
「家庭用燃料電池システムの開発と普及」
 東京ガス
 常務執行役員  渡辺尚生
  14:30
休憩
  【CO2排出権取引】
座長:江間泰穂(江間会計事務所・東京理科大学客員教授)
  14:50 - 15:20
キーノート「低炭素社会実現のための総合戦略とその評価」
 東京大学大学院 新領域創成科学研究科
 教授  松橋隆治
  15:20 - 15:50
「アジアにおけるCDMプロジェクトの開発」
 鰍oEARカーボンオフセット・イニシアティブ
 取締役  佐々木一雄
  15:50 - 16:20
「中国における排出権取引と日本からの技術移転」
 超え 対中環境ビジネスコンサルティング
 代表取締役  陸宇暉
  【環境政策】座長:江間泰穂(江間会計事務所・東京理科大学客員教授)
  16:20 - 17:00
「グリーン・リカバリーによる低炭素社会の構築」
 千葉商科大学 政策情報学部
 教授  三橋規宏
  17:00
閉会挨拶
 環境プランニング学会 代表理事
 板生清(東京大学名誉教授)
   

【講演会についてのお問い合わせ先】

<環境プランニング学会 事務センター>
〒220-0055 神奈川県横浜市西区浜松町11-25ブリヂストンタイヤビル2F
TEL:045-262-2667 FAX:045-252-6523
e-mail:info@kankyo-planning.org

 
Copyright(c)2002 earth republic All right reserved.