学会概要
会則
入会のご案内
変更手続き
学会誌
環境プランナー概要
諸規定
評価登録申請案内
変更手続き
基礎コース
専門コース
環境マスター
その他
ガイドライン
報告書紹介
開催予定セミナー  
総会・研究会
分科会
環境プランナー倶楽部
その他
 
出版物案内
論文集案内(CD)
テキスト販売
 
 

環境プランニング学会 春季学術講演会

2013年6月22日(土) 「環境プランニング学会・春季学術講演会」を開催いたしました。

 
■開催日時  2013年6月22日(土) 12:30〜17:15
■場所 東京大学本郷キャンパス浅野地区内
武田先端知ビル5F 武田ホール 地図
■テーマ 構造物長寿命化とエネルギー
■企画趣旨 本年度のテーマは、実行委員会において検討した結果、「構造物長寿命化とエネルギー」ということにいたしました。

環境プランニング学会は、環境を対象にしていろいろな観点から実践的研究を行う人々の集まりですが、環境はその場に住む人々、活動、製品、構造物、自然、天候などから相互に影響を受けています。今回はそれらの主要要素の中から構造物とエネルギーを取り上げました。

戦後70年が経とうとしている現在、戦後建築した構造物の多くが経年劣化してきています。昨年、中央高速道路笹子トンネルにおいては、天井板落下事故が起きて9人の方が亡くなりました。トンネルのみならず、高速道路、橋梁、建物、河川(護岸、堤防)なども経年劣化しているといわれています。「構造物長寿命化」において構造物検診、センシングなどを論じると共に、エネルギーの面からの考察も必要であることから、全体テーマは「構造物長寿命化とエネルギー」といたしました。
■プログラム
 11:45
受付開始
 12:30〜12:35
開会挨拶
 実行委員長 環境プランニング学会副会長 平林良人
 12:35〜13:00
会長講演 「環境危機へ対処するためのエコ及びソーシャル・イノベーション」
 東京大学名誉教授 環境プランニング学会会長 山本良一
 <講演会>
 セッションT 【建築物系】  座長:環境プランニング学会副会長 江間泰穂
 13:00〜13:40
講演@【基調講演T】 「環境と建築」
 一般財団法人建築保全センター理事長 早稲田大学名誉教授 尾島俊雄
 13:40〜14:15
講演A 「建築物の耐震裕度評価」
 清水建設株式会社 原子力・火力本部(兼.技術研究所) 課長 平間敏彦
 14:15〜14:50
講演B 「IT強震計による構造物センシング」
 株式会社aLab 代表取締役社長 荒木正之
 14:50〜15:25
講演C 「SWOT分析の活用−スマートシティを題材に−」
 税理士法人あすなろ 菅沼俊広
 15:25〜15:40
休憩
 セッションU 【エネルギー系】  座長:日本ガイシ株式会社 マネージャー 水野朝夫
 15:40〜16:20
講演D【基調講演U】 「地球温暖化のリスク管理」
 国立環境研究所 気候変動リスク評価研究室長 江守正多
 16:20〜16:55
講演E 「温暖化対策における海外と国内の動きの連関
                   〜半歩先を読んでいこう〜」
 SONODA Energy Design 園田隆克
 16:55〜17:15
講演F【特別講演】 「人とエネルギー」
 諏訪東京理科大学 学長 河村洋
 
 
 17:30〜19:00
交流会
<東京大学本郷キャンパス浅野地区内 武田先端知ビル ホワイエ>
 
 
■講演会会費 学会一般会員 \3,000、学会準会員 \5,000、会員以外の一般 \6,000
学生 \1,000、エコピープル及び環境プランナー・ベーシック合格者 \5,000
■交流会会費 \4,000
   

【講演会のお問い合わせ】

<環境プランニング学会 事務センター>
〒220-0055 神奈川県横浜市西区浜松町11-25ブリヂストンタイヤビル2F
TEL:045-262-2667 FAX:045-252-6523
e-mail:info@kankyo-planning.org

 
Copyright(c)2002 earth republic All right reserved.